top of page

熱海海上花火大会 ベッドルームより望む​

更新日:2022年10月31日



熱海海上花火大会は、1952年(昭和27年)にはじまった歴史ある花火大会。夏だけではなく年間を通して10回以上も開催されている熱海名物です。会場である熱海湾は、3面を山に囲まれた「すり鉢」状の地形のため、海で上げる花火の音が反響し、 大きなスタジアムのような音響効果があり、花火業者さんも絶賛する日本一の花火打上会場です。 夜空に広がる花火や、水面に映る花火、そして、フィナーレを飾る「大空中ナイアガラ」の美しさは、瞬きを忘れるほど!心にずっと残る思い出ができる、熱海ならではのイベントです。

静岡県の熱海湾を会場に繰り広げられる毎年恒例の大会。目玉は、毎回フィナーレを飾る大空中ナイアガラ。会場全体から一斉に打ち上げられると、白銀の光が海上に大量に降り注ぎ、まばゆいほどだ。ほかにも、最終日の8/27(木)のみ二尺玉が打ち上げられる。会場周辺は山に囲まれたすり鉢状の地形なので、スタジアムのような音響効果も迫力満点。

静岡県の熱海湾を会場に繰り広げられる毎年恒例の大会。目玉は、毎回フィナーレを飾る大空中ナイアガラ。会場全体から一斉に打ち上げられると、白銀の光が海上に大量に降り注ぎ、まばゆいほどだ。ほかにも、最終日の8/27(木)のみ二尺玉が打ち上げられる。会場周辺は山に囲まれたすり鉢状の地形なので、スタジアムのような音響効果も迫力満点。


Comentarios


bottom of page